前田裕幸にとって役者とは

役者というと、職人気質な劇団出身の方や演劇界のスターなどをイメージされる方が多いのではないでしょうか。実際には、役者と俳優とで明確な違いはありません。では、コメディアンを目指している前田裕幸にとって役者とはどのように映っているのでしょうか。

■作品の盛り上げ役

役者も俳優も、同じように役に合わせて演技をしながら役になりきっています。自分とは違う誰かになりきって役を演じるということは、決して簡単なことではないでしょう。では、彼にとって役者はどのような存在として捉えているのでしょうか。

彼は、役者と俳優は別物として区別しているそうです。特に役者として考えられるような人物の特徴として、演技に対するこだわりの強さや入り込み方が俳優よりも勝っていると考えているのです。役者と俳優が一緒に共演しても、作品の中での盛り上げ役は圧倒的に役者の方が多いと感じているのです。

彼は、1つの作品を作り上げるために、その役に完全になりきるのが役者であり、迫真の演技がみられるのも役者の特徴なのではないかと考えています。

■役者としてなくてはならないもの

では、役者としてなくてはならないものはどんなことでしょうか。彼の考えでは、何よりも演技力にかかっているのではないかとしています。確かに演技力がなければ役者にはなることもできないでしょう。

しかし、それ以上に天性とも思えるような演技への才能が重要ではないかと捉えているのです。特に、役者を目指す方がどこかの劇団に入ると、舞台公演において少しずつ実力をつけていく人たちが現れます。

しかし、劇団に入ったところで、実力がなかなかつかずに悩んでいる役者も多いです。その違いが、天性ではないかと彼は語っています。ただ、いくら天性に恵まれていても、そうでなくても経験は必須です。

様々な舞台を通じて経験を積み、実力をつけていけるかどうかが役者としての大きなカギとなるのではないでしょうか。前田裕幸にとって役者は、そんな経験と天性とが輝く人物だと考えているのです。

前田裕幸にとっての役者について紹介してきました。彼もまた世界に共通するコメディアンを目指すため、日夜努力を続けています。将来的にコメディアンとして活躍することが叶えば、役者と同じく、役になりきってコメディを繰り広げる機会も十分にあるでしょう。

彼は、自分には天性があるのかまだ自分ではわかりません。しかし、コメディアンになるための努力と経験はしっかりと積んでいこうとしているに違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です