前田裕幸の中学校の時の思い出

前田裕幸は、世界に通用するコメディアンを目指し日々努力を続けています。そんな彼は、昔からコメディアンを目指していたわけではありません。彼の青年時代は今とは全く違う暮らしをしていました。

■中学時代

彼の中学時代は、勉強にひたすら励む勤勉家のような存在だったそうです。ただ、特に目標もなく、目の前にあった勉強をこなすという毎日だったのです。そのため、クラスメイトや同級生から「ガリ勉くん」というあだ名を付けられていたと言います。それでも、勤勉でありながらも彼はユニークな人柄で、誰からも愛される青年でした。

また、彼は勤勉ぶりが功を奏し、生徒会役員にも選抜されました。生徒会役員に選ばれたことで、彼らしい学校生活の取り組みや生徒と先生とのやり取りの代表として様々なことを任されていったのです。そんな中、彼の友人の1人は明確な目標や夢を持っていました。

勉強はあまりできる方ではありませんが、はっきりとした目標や夢があることに前田裕幸も羨ましく感じていたのです。目標や夢があると、どんなに人生は楽しく変わっていくのだろうと感じるようになっていったそうです。

■印象に残っている思い出は

彼の中学時代、最も印象に残っている思い出は、高校の志望校選びの際に行ったある学校のオープンスクールだったと言います。その当時はまだ目標や夢がなかったため、様々な分野がある学校や独自の特色を持つ学校など、積極的に見学に行っていたのです。

そのうち、1つの高校のオープンスクールで、彼は心を奪われます。その学校は、生徒それぞれが何らかの目標を持ち学校生活を楽しんでいたのです。生徒が明確な夢に向かって努力し、教師がそれをサポートする特色も持っていました。目標や夢がなかった彼にとっては、非常に魅力を感じたに違いないでしょう。

彼は、そんな魅力あふれる高校への受験を決め、見事合格を果たします。彼の中学時代は、勉学に励み、生徒会役員としても奮闘し、充実したものでした。しかしそれ以上に、オープンスクールで言った学校との出会いが、印象強く残っている思い出となっているそうです。

前田裕幸は今、世界に通用するコメディアンという大きな夢を持っています。この夢に向かって、前を向いて頑張っていることは、彼自身にとって非常に嬉しく尊いことのように感じていることでしょう。彼は、中学時代、高校時代と充実した生活を送ってきましたが、夢に向かって励んでいる今が最も楽しいと語っています。彼のこれからにも目が離せません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です