前田裕幸の大学生の時の思い出

前田裕幸は、世界に通用するコメディアンを目指しています。しかし、昔からコメディアンを目指していたわけではありません。では、彼の大学生時代はどのようなものだったのでしょうか。

■1人暮らし生活スタート

前田裕幸は大学生になって初めて1人暮らしを始めています。これまでは、地元の友達と遊んで気ままに過ごしていた彼でしたが、1人暮らしを始めて家事の大変さを痛感したそうです。

家事の大変さは、特に親元を離れて暮らすとほとんどの方が感じることでもあるでしょう。彼もその1人で、まずは料理本を買ってみたり、両親に電話してみたりで手探りで料理やゴミ出しの基本を学んでいったそうです。

彼が1人暮らしに慣れてきて、余裕が出てくると、自炊に興味を持ち、同じ大学にできた友人に自炊のコツを聞いて参考にしていきました。男性で自炊する方は近年増えてきてはいますが、当時はまだまだ少なく、思うようにできずもどかしい気持ちになったことも多かったようです。

■アルバイトの経験

彼は少しでも生活費やお小遣いの足しにするべく、本屋でアルバイトを始めます。基本的に本が好きだった彼は、自分の興味のある本はもちろん、本屋での仕事を経験してみたかったそうです。本屋は多くの方がご存知の通り接客業です。彼のアルバイト経験は大学生になって初めてだったため、試行錯誤しながら先輩や社員に基本マナーや接客を学んでいったのです。

学生として勉学に励みつつ、1人暮らしとしての生活スタイルとアルバイトとの両立は、決して簡単なものではありません。前田裕幸は昔から「ガリ勉くん」と呼ばれるほど勉強ばかりしてきたそうですが、アルバイトを始めたり、1人暮らしを始めると勉強がおろそかになってしまったりするケースもあります。彼は元々両親にそのような可能性も指摘されていましたが、実際は

彼自身も具体的な夢や目標を見つけるために、努力する時間であると認識ができており、資格取得にも励んだそうです。彼において、アルバイトは興味のあることを仕事として取り組んでいこうとする思いだけでなく、あくまでも夢や目標を見出すための通過点として捉えていたのではないでしょうか。

前田裕幸の大学生時代の思い出を見ていると、彼の真面目な人柄がよくわかるのではないでしょうか。彼は、自分に夢や目標を探すために、毎日充実した日々を送っていこうと模索していたのかもしれません。

現在の彼の夢は世界に通用するコメディアンになることですが、この時の彼の姿からは予想できなかった夢にも感じることができます。しかし、明確な目標や夢を見つけたからこそ、さらに充実した人生を歩んでいることも確かではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です