前田裕幸の学生の頃の様子

前田裕幸さんは、中学から高校にかけての6年間は部活動に熱中していたようです。特技がテニスということなので、おそらくテニス部に所属していたのではないでしょうか。

一度、母校の高校野球を観戦したときには、その負けたら終わりというギリギリの戦いに思わず熱くなってしまったのだとか。負けたら、部活動も引退しなければいけない。でも、引退なんてしたくない。

そんな、きれいな汗をかける青春がうらやましくなってしまったそうです。前田さん自身にも、かつて部活動を引退するときにそんな思いを経験したことがありました。

もう、このメンバーで試合をすることは二度とない。それまでの練習や怒られたことなどが走馬灯のように浮かんで、みんなで思いっきり泣いてしまいました。始まりがあれば、終わりがある。そんな言葉を強く実感したといいます。俳優としてはじめて舞台を経験したときにも、やはり千秋楽が近づくにつれて同じような感情がおとずれたそうです。

一方、読者モデルからスタートした前田裕幸さんですが、高校時代は部活に打ち込んでいたため、ファッションにはほとんど興味がなかったのだとか。そのため、当時の流行りに踊らされて買ったGじゃんやヌーディージーンズはまったく着ることなく、タンスの肥やしになっていたそうです。

しかし、現在ではそれが一周回ってふたたび着用するようになっているというから面白いものですね。ちなみに、高校時代には先生の「おしゃれは足元から」という言葉の影響で、同じブランドをずっと履き続けていたといいます。シューズ展を訪れたときにはそんな思い出がよみがえって、当時は嫌いだったはずの制服を着たくなってしまったそうです。

また、大学生くらいまでは英語なんて自分には必要ない、日本人なら日本語で勝負、と考えていたそうです。しかし、今ではその甘さに気づいて、慣れない英語を使おうと必死でがんばっているのだとか。

成長したことで、これもまた一周回っているところが面白いですね。ちなみに、高校生のころは25歳で結婚していると勝手に決めていたという前田裕幸さん。しかし、実際にその年齢となったときには、まったくそんな想像もつかなくなってしまったそうです。

このように多くの言葉から影響を受けた重信さんですが、なかでももっとも心に残っているのが高校時代にある人から聞いた言葉でした。それは、「好きな人や好きなことがあるなら、人は無意識にそれに時間を使うものだ」というもの。

早起きはあまり得意ではない前田裕幸さんですが、仕事があるときにはスムーズに起きることができるといいます。それは、自分が役者という仕事をもっとも好きだからなんだ、ということがその言葉からよく分かったそうです。

そして、そんな幸せを噛みしめながら、一日一日を大切に過ごそうと考えているそうです。

前田裕幸の活躍ぶり

前田裕幸さんは、読者モデルとして活躍してきた俳優です。メインでモデルをつとめていたファッション雑誌では、そのなかでももっともおしゃれなモデルに与えられる「キング」の称号を獲得。

ほかにも複数の男性誌や、ときには女性誌にも登場して、さまざまなメディアで特集などを組まれました。そのセンスの良さから、若い世代からはファッションリーダーとして大人気。男女を問わず、多くの支持を集めています。

その人気から、トークショーや握手、撮影会などもたびたび開催されていますが、毎回多くの観客を動員しています。そして、その活躍の場をさらに広げたのが、2016年のことでした。もともと前田裕幸さんの夢であった俳優の道へと進むことになったのです。

現在のところ、テレビドラマには2本出演。まだ名前のある役どころなどは演じていませんが、そのうちの1本は地上波でゴールデンタイム放映という、いきなりの大舞台となっています。

ほかにも、バラエティ番組の再現ドラマに出演するなど、今は役者としての実績を積み重ねているところだといえるでしょう。なかでも、俳優としてもっとも大きな経験をしたのが初めての仕事だった舞台です。

演出を担当したのは、誰もが知る大家。さらに、原作はノーベル文学賞を受賞した作家によるもので、これまでにも海外や国内で何本も映画化やドラマ化をされてきた作品でした。

この大舞台で役者人生としてのスタートを切ったことは、前田裕幸さんの今後の活動にも大きく影響してくることでしょう。また、役者活動を始めたばかりの段階で、芸術大学の卒業制作ではありますが、すでに映画出演を果たしているの貴重な経験になっていそうです。

俳優以外の仕事としては、モデルとしてファッション関連の公認キャラクターやビジュアルキャラクターなども複数つとめています。また、ブログやSNSでの発信にも積極的で、芸能人ブロガーのライブ動画配信サービスでもファンとのふれあいを行ってきました。

このように、多彩な場面で精力的に活動を行っている前田裕幸さん。今後も役者活動をメインに、ますます注目が集まっていくことでしょう。

前田裕幸の苦労した経験

前田裕幸さんは、夏の暑さをとても苦手としているそうです。特に、一日中外で撮影をしていた日は、のどが渇いて大変だったのだとか。ブログやSNSを見ていても、だいたい夏の暑い時期になると、すぐにカフェに駆け込んで避難する様子が見られます。

そんな夏の乗り切り方は、コーラやレモンスカッシュをおもに摂取することなのだとか。また、少しでもニンニクが入っている料理を見ると、スタミナを付けるために食べようと思ってしまうそうです。

休日などで自宅にいられるときは、極力外に出ないようにしてひたすらDVD鑑賞をしているそうです。そんな前田裕幸さんですが、事務所の社長とお茶を飲むことになったときには、あえてカッチリとしたシャツとネクタイで固めてきたのだとか。

社長には「こんなに暑いのにネクタイして」と気遣われたそうですが、シャツを着ると気合が入り、ネクタイを締めるとさらに気合が入る感覚なのだそうです。
それでいて、半袖シャツにブルーのチェックネクタイと、夏らしさをワンポイントで入れてくることを忘れないあたりが、さすがファッションリーダーという感じですね。

ところで、これだけ暑さが苦手だから冬は得意なのかというと、そういうわけでもないようです。とにかく冬になると一番困るのが、風呂場から出たあとの冷気。風呂上がりの脱衣所の寒さは、この世で一番嫌いなものだそうです。ただ、それでも朝風呂には入りたいので、毎年そのジレンマに悩まされているそうです。

もともと低血圧なので、朝が苦手という側面もあります。ちょっと気を抜くと、ふわふわと浮いていってしまいそうな感覚になるので、それをボリューム大きめの音楽でどうにか踏ん張っているのだとか。

結局、暑がりで寒がりのただのわがままだと前田さんは笑っています。また、扁桃腺がもともと弱いこともあって、稽古のダンスを終えたあとに扁桃炎になったことも。そのときには、2日間も安静が必要になったそうです。

口内炎もできやすい体質のようで、右下唇に2つもできてしまったときには、かなり困ったそうです。油断していると歯や舌に当たって、痛くてまったく稽古にも集中できなくなってしまったのだとか。

インターネットで調べてみると、リコピンが効くというのですが、残念ながらそれが一番ふくまれているのは大の苦手なトマト。まさに、お手上げ状態でした。
連休中に体調を崩して寝込んだときには、大人はめったにかからない、子供のよくなる病気だという診断を受けて自分で呆れたこともあるそうです。

そんな緊張や不慣れの連続となる、稽古や撮影。それでも、前田裕幸さんにとっては、新鮮さと成長できる喜びで、疲れなんてまったく感じさせない現場なのだといいます。

前田裕幸のこれまでの経歴

話題のイケメンモデル、前田裕幸さんについて調べてみました。「まえだ ひろゆき」と読みます。前田さんは1988年1月19日生まれ、東京出身のメンズモデルです。

公式身長175cm、体重54kg、爽やかなルックスと細マッチョなボディが人気です。テニスやボーリングが得意で、体を動かす事なら何でも好きだという事です。他にも、読書や芝居好きだったりと、知的な一面も持ち合わせています。

学生時代に原宿でサロンモデルをしていたところ、現在の事務所にスカウトされたそうです。初期の頃は読モとして活躍されていました。

読モ時代も、爽やかでこなれたファッションセンスで男性からの支持を集め一躍有名人になりました。その後は、その端正でクールなルックスから女性人気をどんどん集めていったのです。

最近の趣味はラーメンめぐりだと公言していて、ブログでもラーメンに関する記事が多くあります。なんでも、ラーメンが好きすぎて一週間毎日ラーメンだった事もあるそうです。

新店舗の攻略を日課にされていて、新しいラーメン店を暇さえあればチェックしているとインタビューでも答えていました。

モデルとしてデビューしましたが、近年ではドラマや舞台、有名アイドルのミュージックビデオなどにも出演しています。人気漫画の実写映画にも出演されていたのがファンの間で話題でした。

もちろん今でも、モデルとしての活躍もめざましく、多数のメンズ向けファッション誌やファッションショー、スポーツブランドの広告などでも活動されています。

また、都内にメンズパンツのセレクトショップをオープンさせた事も、話題となりました。メイドインジャパンの着心地が良いものから、海外有名ブランドのおしゃれなものまで幅広く取り扱っています。最近ではレディースものやkidsの下着も扱っているそうです。

パンツのイラストをおしゃれにデザインした遊びごころ溢れるトートバッグは、ファッションのアクセントになると男女を問わず人気です。

前田さんは意外なところでも活躍されています。なんと、入浴アドバイザーの資格を持っているんです。入浴アドバイザーは入浴検定に合格しないと名乗れないので、しっかり勉強したそうです。

「風呂男子」として、お風呂の魅力やダイエット効果などを宣伝するイベント活動もされています。

得意のヘアカットモデルからお芝居まで、幅広くご活躍される前田裕幸さん。今後の活躍もますます期待出来そうです。